Mac OS X Lionにプログラミング用フォント Rictyをインストールした(追記あり)

 iTunes Store(Japan)
この記事の所要時間: 211

Rictyフォント
Mac OS X Lionに入っているヒラギノフォントは実に綺麗で、ブラウザで見る際には問題がないのだが、プログラミングの際にはちょっと気になる。
そこで、Rictyというプログラミング用フォントをインストールした。

(追記:2012年4月5日 午後5時44分)

※この方法は、Xcode 4.3が入っている環境での修正パッチを当てるFormulaを利用しています。そのため、Xcode 4.3が必須となります。インストールしていない環境でのご利用の場合は、以下のFormulaをご利用になれれると幸せになれそうです。 thx. @tigtigoz

homebrew/Library/Formula/fontforge.rb at master · sorin-ionescu/homebrew

ちなみに、まだ公式のFormulaではこの対応は取り込まれてないようなので、野良Formulaっぽいです。

事前に用意しておくもの

やったこと

  1. FontForgeをHomebrewでインストールします。
  2. Ooooops! ヘッダファイルのパス決め打ちですか(´・ω・`)
    ということで、それを修正するパッチとパッチを当てるように修正したFormulaを作成。

    Formula
    kimikato's gist: 2213170 — Gist
    Xcode 4.3用パッチ
    kimikato's gist: 2212620 — Gist
  3. 今度はパッチが当たるようにしたFormulaを指定して実行します。
  4. Inconsolata フォントをダウンロードし、インストールします。
  5. Migu 1M フォントをダウンロードし、インストールします。
  6. Ricty生成スクリプトをダウンロードし、生成して、インストールします。
  7. 最後に、.emacs.d/init.elに記述し、Emacsで使えるようにします。

以上で終了です。
こんな感じになります。きっと。

Ricty on Emacs 23.4

Ricty on Emacs 23.4