判決なんて関係ない!

 iTunes Store(Japan)
この記事の所要時間: 252

やっぱり千葉法相は在留許可のない人たちに優しい人ですね!

ということで、千葉法相は残留孤児の子孫として両親と来日後に在留資格を取り消され、国外退去を命じられていた奈良市在住の中国人姉妹(最高裁で退去命令の取り消し請求訴訟の敗訴が確定)に在留特別許可を出したそうです。

最高裁の判断を無視してやっちゃうなんて、千葉法相パネェっす。
これで判決を無視しちゃってもいいという実例を作っちゃいました。

法務省の大臣なのにね・・・

 残留孤児の子孫として両親と来日後に在留資格を取り消され、国外退去を命じられていた奈良市在住の中国人姉妹に、千葉景子法相は9日、在留特別許可を出した。最高裁で退去命令の取り消し請求訴訟の敗訴が確定しており、支援団体によると、敗訴確定後に在留を認められたのは埼玉県蕨市のフィリピン人、カルデロンのり子さん(14)ぐらいで、極めて異例。

 姉妹は、帝塚山大1年、北浦加奈(本名・焦春柳)さん(21)と、大阪経済法科大1年、陽子(同・焦春陽)さん(19)。退去命令は取り消され、定住者資格で1年間の在留が認められた。在留は独立して生計を営むなどの条件を満たせば更新できる。大阪入国管理局や支援団体によると、日本での就労が可能になり、再出入国許可を得れば中国などへの出国も認められる。

 姉妹は97年、母親(47)が「長崎県出身の中国残留孤児(故人)の四女」として、家族で中国・黒竜江省から正規に入国。その後、大阪入国管理局が「残留孤児とは血縁がないことが判明した」として一家の上陸許可を取り消し、03年9月に国外退去を命じられた。

 父親(43)が強制収容され、一家は同年12月、退去処分取り消しを求めて大阪地裁に提訴したが、1、2審で敗訴し、最高裁も上告を棄却。父親は大阪府内の高校に通う姉妹を残し、妻と来日後に生まれた三女の3人で中国に強制送還された。
via : 在留特別許可:奈良市在住の中国人姉妹に 敗訴確定後 – 毎日jp(毎日新聞)

まー、民主党さんは「立法権と行政権の両方を預かる。」なんて言っちゃってるし、将来的にも司法権も預かっちゃうとか言い出しかねないかも。

 菅副総理は、連合結成20周年にあわせるように、民主党を中心とした政権交代ができたことについて「政権交代を実現する大きな力を、皆さんに与えていただいた」と心からお礼を述べた。

 そのうえで、国会議員は立法を行い、内閣の仕事は基本的に官僚に任せるという政治のかたちが、政権交代によって変わったと指摘。「国会で多数の議席をいただいた政権党が、立法府でイニシアチブを取るだけではなく、内閣も組織する。あえて言えば、立法権と行政権の両方を預かる。そして4年間のなかでその結果を、次の選挙で国民の皆さんに審判をいただく、そういうかたちの鳩山政権が誕生したことによって、これまでとは全く風景の違う政治の姿になった」と説明した。
via : 民主党:菅副総理、小沢幹事長、連合結成20周年レセプションに出席
魚拓

やっぱり、民主党さんは圧勝で選挙で勝っちゃったので、なんか勘違いしちゃってる方々が多いようです。マスコミがこういうのを報道しないので、依然として支持率が高かったりするんでしょうね。

今後の民主党政権の崩壊具合をゆっくりと見届けようかと思います。(もう崩壊してるよなんて言わないでw)