Windows 7からHyper-V Server 2008 R2を管理する

 iTunes Store(Japan)
この記事の所要時間: 144

Windows7のクライアントマシンから直接Hyper-V Server 2008 R2を管理することができます。管理用のツールをインストールするために、まず、リモート管理ツールを入手する必要があります。

リモート管理ツールはマイクロソフトダウンロードセンターで入手することができますが、Windows7環境では、下記のツールをダウンロードします。

Windows 7 用のリモート サーバー管理ツール

ページの下方でプラットフォーム別にダウンロード可能で、32bitか64bitかで判断してダウンロードします。
ここでは、32bit版のWindows 7を使っているので、「x86fre_GRMRSAT_MSU.msu」をダウンロードします。

リモートサーバ管理ツールは、.msuというファイル形式で提供されており、プログラムインストーラではなく、更新プログラムになっています。そのため、インストールを実行しただけでは実際のセットアップは行われず、Windowsの機能として追加されるだけです。

ダウンロードしたファイルを実行後、Hyper-Vの管理ツールをインストールします。

[コントロールパネル]-[プログラム]-[Windows の機能の有効化または無効化]を実行します。
[リモートサーバ管理ツール]というツリーが追加されているので、[役割管理ツール]-[Hyper-V ツール]にチェックをいれ、[OK]ボタンを押下するとインストールされます。

Hyper-V ツールのインストール

WordGroup環境の場合、このままでは管理できません。(ActiveDirectory環境だといいらしい)
そこで、hvremote.wsfというスクリプトで設定する必要がありますが、設定については別記事で。