ThinkPad X60のメモリ増量計画(1)

 iTunes Store(Japan)
この記事の所要時間: 144

Windows7 x32が稼働しているThinkPad X60(1706-MLJ)がCPUの利用率が低い割に、メモリの使用率が常に90%弱なのでかなりストレスを感じていました。ちょうど昨日、職場でWindows7 x64を入れているDELL OptiPlex 755のメモリを1GBから2GBに増やしたところかなり快適になったので、注文してみました。

現在、ThinkPad X60は1GBのメモリが装着されていますが、確認したところ512MBのメモリが2枚装着されていました。
仕様上、スロットが2枚、最大3GBまで認識するとのことだったので、最大3GBにするには、1GBと2GBのメモリを装着する必要があります。

地元の家電量販店でメモリを調べたところ、種類が少ないうえ、2GBのメモリモジュールは1枚で約12,000円ぐらいと割高なので、Amazonで注文することにしました。(ポイント還元したとしても全然割高で、同じ価格で6GB分ぐらいは買えてしまうw)

他の人のブログなど見てると、トランセンドのJM667QSU-2Gを利用している方が多いようですが、価格的に割高になってしまうので、今回はI-O DATAのSDX667-2GX2/ECが一番安かったので選択しました。


ちなみに、BuffaloのメモリだとPC2-6400でも下位互換で動作対応してるみたいですが、PC2-5300のD2/N667-2GX2/EとPC2-6400のD2/N800-2GX2/Eの価格が同じで、I-O DATAのSDX667-2GX2/ECと1,000円の差だったので安いほうにしました。


到着次第、続報をw