ThinkPad X60のメモリ増量計画(2)

 iTunes Store(Japan)
この記事の所要時間: 318

Amazonでポチっとした翌日、IO-DATAのSDX667-2GX2/ECが届きました。
さすが、Amazonさん。仕事が早いっすw

SDX667-2GX2/EC

では、さっそくメモリを装着していきたいと思います。

X60にメモリを組み込むために、本体を分解する必要があります。
分解には、以下の保守マニュアルが役に立ちます。保守マニュアルはとてもわかりやすく、細かい部品交換まで細かく解説してくれています。

ThinkPad X60の保守マニュアル

  1. 保守マニュアル(74ページ)にもありますが、まず、バッテリーパックをはずし、その他、電源ケーブルもはずします。
  2. 写真の赤丸部分のネジをはずし、DIMMカバーを取り外します。
  3. 赤丸のネジをはずします


    DIMM カバーをはずした状態

  4. すでに刺さっているメモリを取り外し、SDX667-2GX2/ECを装着します。
  5. SDX667-2GX2/ECを装着

  6. メモリを装着したら、DIMM カバーをし、ネジで固定します。
  7. バッテリーパックを装着し、電源ケーブルをさします。

以上で、メモリ増設は終わりですが、ちゃんと認識されているか確認をします。

まず、BIOS上で認識されているか確認するために、BIOS Setup Utilityで確認します。
BIOS Setup Utility は、マシン起動中に “To interrupt normal startup, press the blue ThinkVantage” のメッセージが表示されたら青の ThinkVantage ボタンを押し、ThinkVantage プロダクティビティーセンター が起動したら Start setup utility を選択すると起動します。

BIOS上では4GB認識

ちゃんと認識していますね。

次に、OS上で認識しているか確認します。
[コントロールパネル] – [システムとセキュリティ] – [システム] – [RAMの量とプロセッサの速度の表示] で確認できます。

4GB認識し、2.99GB利用可能
(RAMの量とプロセッサの速度の表示)

32bit OS なので、3GBまでしか利用できないのはわかりますが、4GBまで認識はしているので、もしかして64bit OSにしたらフルに利用できるのかもしれません。(使えない可能性も高いですが)

メモリを1GBから3GBまで増やしたので、かなり快適です。
Chrome、Thunderbird、iTunesを同時起動してももたつきがありません。
ほんと3GBにアップしてよかったと思いました!!